フルウィッグの不安と疑問アイキャッチ

ウィッグの種類

【元研修講師が教える!】フルウィッグデビューでの疑問や不安を解決!~着けていてバレないの?~

 

 

フルウィッグに対する不安と疑問を解消する!

 

っかくウィッグを買ったのに、全然使ってなくて勿体ないことをした。

 

 

 

こんにちは。「かえで」です。

 

私は5年間某ウィッグブランドで販売員の経験を積みながら、新人スタッフに向けての研修講師をしていました。

 

これまでご来店いただいたお客様にはウィッグライフをもっと楽しんでもらえるよう、皆さんが持っている疑問や不安を一緒に解決してきました。

もうその業界からは抜けましたが、今でも相談事があれば随時受けつけています。

 

 

 

さて。この記事は

こんな人に読んでもらいたい!

・「初めてフルウィッグを買おうと思っている。」

・「最近フルウィッグデビューしたばかり。」

・「買ったのはいいけど、(着け方も上手くいかないし)全然使っていない。」

 

そんなほぼ“ウィッグデビューしたて”の方に向けて書いています。

 

ウィッグ”と言っても大きく種類が分かれてますので、

主な種類や特徴に関してはコチラのページに書いておきました。▼

 

 

かえで
興味がある人は、是非読んでみてくださいね!

 

【自宅で出来る!】ウィッグ無料試着体験についてはコチラから!

 

ウィッグの魅力を知る「かえで」が書いたこの記事を読むことで

  • もうフルウィッグを買ったことに後悔しない
  • それどころか愛用の域に入った
  • 誰かにもオススメしたくなるくらい
  • フルウィッグが好きになれます

 

 

それと同時に

 

胸に秘めた疑問と不安!

  • 周りからバレそうで不安・・
  • みんなどんな時に着けてるの?
  • 風で飛んでいかない?
  • 夏場とか暑くない?
  • 人毛は亡くなった人の髪を使ってるの?
  • アレルギーは大丈夫?(痒くならない?)

 

 

等、こういった疑問や不安が解決できます!

 

 

 

かえで
ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

 

 

 

周りからバレそうで不安・・

髪型に悩む女性

 

 

人生初めてのフルウィッグ。

 

「外に出たらウィッグってバレそう・・・大丈夫かな・・」

 

正直に言います。

 

普段あなたと身近にいる人なら髪型の変化に90%気づきます。

 

とはいえ、普段美容院でしている髪型と似た様なセットがされたウィッグであれば、気づかないこともあります。

 

基本フルウィッグはイメージチェンジを叶えるものなので、普段の髪型と大きく違うとウィッグと思われる可能性も高まるのは自然なことです。

 

 

私は退勤後そのままウィッグを着けて友達と合流した際に言われました。

「あれ?もしかして髪切った?」

 

ウィッグだよ。と答える私に一瞬びっくりした様子でしたが、

「そんなに自然なら自分も着けてみたい!」と興味深々でした。

 

 

ここでまとめましょう

フルウィッグデビュー後の可能性!

  • 身近にいる人が先に髪型の変化に気づく
  • フルウィッグを着けていると相手に話すと逆に興味をもってくれる
  • もしかすると家族の人が変化に見慣れてないために反対をするかもしれない

 

 

かえで
もはやフルウィッグにはお約束の反応です!

 

 

 

「分かってるけど、このフルウィッグがほしい。」

 

 

 

ではこれを読みましょう!

 

欲しいけど不安な方はこれを読むべし!

  • せっかくのフルウィッグですもの、オシャレ感覚で楽しもう!
  • できなかった、したかった髪型ができることに嬉しさを!
  • 今や有名人のほとんどがウィッグを着けています!(本当の話)

 

普段ズボンしか履いてない人がワンピースを着て、鏡の中の見慣れない自分に違和感を感じるのと同じです。

慣れてしまえば「この肩出しワンピースも良いな。あ、フリル付きも良いな。」となってきます。

 

 

オシャレ感覚ではなく医療関係で着けられる方、髪染めを減らしたくて着けられる方。

色んな思いがある中でフルウィッグと出会うことがあります。

 

この不安に関してどれにも共通することは

 

見慣れてしまえばフルウィッグをもっと好きになります。

 

 

かえで
そして色んな髪型にしたくなりますよ!

 

 

みんなはどんな時に着けてるの?

考える女性

 

 

周りでフルウィッグを着けている人がいないとなれば、みんな普段どんな時に着けているかも聞けないですよね。

 

私が聞いた話で知っている限りでは皆さんこういう場面で着けておられますよ!

 

 

フルウィッグの活用場面!

  • お買い物のとき
  • 旅行のとき
  • ご友人と会うとき
  • イベント事があるとき

 

かえで
こう見ると、寝る時と自宅にいる時以外は常に着けていますね!

 

そうなのです。

“フルウィッグ”も普段使いができます。

もうその新しい自分が好きになって手放したくなくなります。

 

かえで
これがウィッグの魅力ですね!

 

 

風で飛んでいかない?

風で飛ぶ帽子

 

 

よく聞かれます。

フルウィッグを着けていてバレないか、の次にくる不安だと私は思っています。

 

私が当時ウィッグ店で販売員をしていた頃、こんなことがありました。

 

 

今、買って店を出て外を歩いていたら風が吹いた時にウィッグが飛びかけたわ!!(怒)

 

 

お客様はもちろんご立腹。そしてその場で返品されました。

 

 

なぜこのようなことが起きたのでしょうか。大きくこの2点が挙げられます。

 

ウィッグが取れちゃう原因として!

  1. ストッパーが自髪にちゃんと留まっていない
  2. ウィッグのサイズ調整がちゃんとできていない/していない

 

かえで
ぶっちゃけ、これ以外の原因が見つからないです。

 

 

フルウィッグは基本この様に前に一個ストッパーが付いています。

 

 


そして医療用のウィッグや滑り止めの役目として作られたスキンが付いているウィッグですと、ストッパーが付いていないものもあります。

 

 

 

 

ストッパーを着けたい!増やしたい!

 

 

かえで
・・ご安心ください!

 

 

別途でストッパーを購入して襟足部分に増やすことも可能です。

 

 


 

 

 

 

ストッパーを留めることで痛みを感じる方はこの柔らかめをおススメします。

 


 

 

かえで
私はこの柔らかめを愛用していました!

 

 

 

それでもサイズが大きく感じてしまう時はお店の人にサイズ調整をしてもらいましょう!

 

 

なかには商品によってサイズ調整を自分で出来るものもあります。

 

 

アジャスター位置
出典:http://www.aderans-shop.jp/

 

 

かえで
それでもサイズが大きく感じてしまう時はお店の人にサイズ調整をしてもらいましょう!

 

 

 

結局どちらに関しても2回言いましたが、人によって頭の形や大きさが違うのでサイズ調整はとっても大事なのです。

 

 

 

夏場とか暑くない?

暑がる女性

 

 

結論から言いますと、フルウィッグは暑いです。

 

ですが手植えで作られているフルウィッグは、帽子や機械植えに比べると軽くて通気性がいいです。

 

 

かえで
ここで手植えと機械植えについて写真付きでご説明します!

 

フルウィッグのタイプ手植え
(ネットに数本ずつ手で植えていく)
機械植え
(段差をつけながらミシンで髪の束を縫いつけ)
価格約15,000円~
※髪の材料による
数千円~
※髪の材料による
抜け毛抜けにくい抜けやすい
重さ軽い重い
通気性×
サイズ調整頭のサイズに合った細かい調整ができるアジャスター部分のみの調整可

 

 

また、部分的に手植えや機械植えで作られてる商品もあります。

 

 

ここで分かったこと!

夏場の暑さを少しでも軽減するなら手植えのウィッグを選びましょう!

 

 

かえで
着け心地にも好みがあるので、実際に試着してみるのがいいですね!

 

 

人毛は亡くなった人の髪を使ってるの?

ウィッグファイバー

 

 

 

まず分かっていただきたいこととしましては、ウィッグの価格はピンからキリまであります。

 

 

「人毛は亡くなった人の髪で作られているのか。」

 

 

リアルな話ですが、海外の路上にある本当に小さいお店で売られているウィッグを含めて考えると、100%違うとは保証できません。

 

ですが知名度のあるブランドや店舗をちゃんと出していたりネットで売られている商品は基本、厳しい管理と監査の下、許可を得て販売されています。

 

では人毛はどのようにして使われているのでしょうか。

 

 

安心したいウィッグの一般的な人毛事情!

自分の髪を売り物として提供している人がいて、下処理が終えたものを販売している。

 

 

かえで
海外の工場で作っているのがほとんどです!

 

 

 

アレルギーは大丈夫?(痒くならない?)

髪の状態を気にする女性

 

 

「私アレルギー体質なんだけど痒くなったりしない?」

 

 

この質問も多かったです。

実はそういった方の為にフルウィッグの裏地の質から違うタイプのもあります。

 

こういった医療用ウィッグです。

 

 

 

 

アレルギーや蒸れからも起こる痒みについて敏感な方は、通気性の良い100%手植えのウィッグをおススメします。

 

【自宅で出来る!】ウィッグ無料試着体験についてはコチラから!

 

また、皮膚などに直接着けたくない方にはこういった肌触りが良く柔らかいキャップは別で販売しています。

 

 

 


 

 

 

かえで
これはフルウィッグの裏地に縫いつけるタイプです。

 

 

 

かえで
これはまずキャップをしたところに上からフルウィッグを着けます。

 

 

フルウィッグを購入!そしてこれはあった方がいい必要なオススメグッズ!

下に指を指す女性

 

 

気に入ったフルウィッグを購入の際に、合わせて買っておいたほうが良い物をご紹介します。

 

 

ウィッグ専用のシャンプーとトリートメント

 

毎日着けていて大体1週間に一度は洗った方が良いと、お客様に話してきた私。

母親から「購入後、ちゃんと定期的に洗っている」と言うので、どこの(メーカーの)ウィッグ専用を使ってるの?と聞いたところ自髪用(一般)のシャンプートリートメントだったのにもびっくりだったのですが、じゃあ私が洗ってあげるよ。と専用の物で洗ったところ水が真っ黒でした・・。

 

かえで
母はちゃんと洗ってる!と必死に言ってきましたが、もはやそういう問題ではなさそうでした。(笑)

 

それ以降すっかり私と母の愛用品となったのです。

 

そのしっかり汚れを落としてくれた、

この「アデランス ウィッグ専用シャンプートリートメント」をおススメします。

汚れも落としてくれるのはもちろん、トリートメント後のウィッグの髪の柔らかさも実感できます。

 

 

 

 

どのウィッグでも毎日使っていた場合、1週間に一回のペースで洗ってくださいね。

ウィッグの洗い方はコチラから▼

今すぐできる! 正しいウィッグの洗い方-2
【保存版】今すぐできる!正しいウィッグの洗い方。~キレイをいつまでも~

続きを見る

 

ウィッグスタンド

フルウィッグのみならずウィッグ自体を購入後、

ヘアスタイルがセットされているから崩したくない・・
だから箱の中に入れるのもちょっと抵抗ある・・

更には

せっかく洗ったのにどう乾かせばいいの?

という方におススメなのが、こちらの『ウィッグスタンド』。

 

家に帰ってきて軽くポンッと置いておけば、次の日も前日とほぼ同じ状態で着けることができます。

 

ただプラスチック製で折れやすいため2個は最低でも持っていた方がオススメです。

 

かえで
私は化粧台と、洗面所に置いていました!とても便利です!


 

 

携帯用折り畳み式ウィッグスタンド

 

携帯用の折り畳み式ウィッグスタンドの一番良いところは、旅行先へ簡単に持って行けるところです。

私はちょっとした泊りの出張や遠出の旅行の時に、よく活用していました。

 

折り畳みでもしっかりしてるので、本当に重宝していました。

自宅では先ほど紹介したウィッグスタンドを使っていましたが、割れた時に臨時で使っていました。

 

かえで
折り畳めると収納も便利ですし場所も取りません!

 

外泊が多い方には特にお勧めです!


 

 

アンダーネット

 

自髪はロングヘア、ウィッグはショートヘアを着けていた私。

しかも髪の量も多く、フルウィッグを着けるにあたっては絶対的に必要だったこのアンダーネット。

元々はショートヘアの人でも髪が言うことを聞かなかったり、量が多くてうまくまとまらない時もこれを使うと綺麗にまとまってくれます!

私がオススメするこのアンダーネットは着け始めの際、とってもゴムが固く伸ばすのに力が必要です。なので途中から髪の重さで動いたりすることはほとんどありません。

 

かえで
ゴムが緩くなってきたら交換の時期です!


 

 

【もっと色んなグッズを見てみたい!】そんな方はコチラから!

 

フルウィッグの不安点と疑問についてのまとめ。

OKのしぐさをする女性

 

 

いかがでしたか?

 

誰にも聞けない疑問や不安は少しでも無くなりましたでしょうか。

今回挙げた疑問や不安はあくまでもほんの一部です。

 

フルウィッグは大きく変化しますが、服や化粧と同じようにいつでもその日の気分で違う自分を表現出来る素敵なアイテム。

 

自分がずっとしたかったボブスタイルやロングスタイル・・どれも一瞬で叶ってしまいます。

 

ですがその分、どうしても周囲の目が気になったりしてなかなか踏み出せなかったりしますよね。

 

私は当時職業柄、毎日着けることをきっかけにウィッグの世界が自分の美意識の一環となりました。

そしてそんな私を見ていた私の母親もまたそれをきっかけに、以前から気になっていたフルウィッグを着け始めるようになりました。

 

まさに美の魔法ですよね。

 

 

あなたにとってこのブログがそういったきっかけになり、素敵なフルウィッグと出会えますように・・。

 

 

かえで.

 

  • この記事を書いた人
かえで

かえで

某ウィッグブランドでの 元ウィッグ研修講師 「かえで」です。 販売員としての経験もあります。 これからはこのブログを通して 沢山の方に「ウィッグの魅力」を 伝えていければと思っています。 疑問や不安がありましたら お気軽にご相談ください。

-ウィッグの種類

© 2021 WIGの教科書 ~自然は美しい~ Powered by AFFINGER5