ウィッグとは どんなものがあるの?アイキャッチ画像

ウィッグの種類

【保存版】ウィッグとはどんなものがあるの?~種類と特徴を知ろう!~

 

 

 

自分らしさを忘れない。
そして新しい自分とも出会わせてくれる。
そんな『ウィッグ』は
今日からあなたのになります。

 

 

 

ウィッグとはどんなもの?

疑問に感じる女性

 

こんにちは。元ウィッグ研修講師の「かえで」です。

今回のお話は、お客様から受けた疑問をもとに書いたものです。

 

 

特にこういった人に読んでいただければと思います!

こんな人は必読!

  • ウィッグにはどんなものがあるのか知りたい!
  • それぞれどんな時に着けるのが良いのか知りたい!
  • 特徴からのメリットとデメリットが知りたい!

 

どれか1つでも当てはまる方にとって、どうか参考になればと思います。

是非最後まで読んでください!

 

 

 

 

 

困っている人
こないだにね!ショートヘアにしてたはずの友人が、次会った時ロングヘアになってたのよ!だから聞いてみたら「ウィッグだよ」って言うんだけど、ウィッグってなに?って聞くに聞けなくて話合わせちゃった・・。
困っている人
ウィッグは髪を長く出来るものなの?

 

ショートヘアからロングヘアにされてたのでしたら、おそらく「フルウィッグ」をされていたんだと思いますよ!
かえで

 

困っている人
フルウィッグ?

 

はい、例えばこういったものです。
かえで

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 

 

 

困っている人
あら!?髪型が変わったわ!

 

イメージとしましては、自分の髪を中にしまい込んで、帽子のように全体に被っています。襟足部分までしっかり面積があるので、360度どこから見ても自然ですよ。
かえで

 

困っている人
へぇー!凄いわね!これがウィッグっていうのねー!

 

 

写真で見ても明らかに変わった印象。

ですがロングからショートにした場合だと、「ウィッグだよ」と言われない限り髪を切ったとしか思えないのではないでしょうか。

 

 

ウィッグは他のタイプもあるんですよ。
かえで

 

困っている人
そうなの?どんなのがあるの?

 

まとめるとこれくらいあります!
かえで

 

大きく分けたウィッグの種類。

  • フルウィッグ(頭部全面積を覆う)
  • 八分ウィッグ(頭部八分の面積を覆う)
  • 六分ウィッグ(頭部六分の面積を覆う)
  • トップピース/部分ウィッグ(頭頂部のみ)
  • ポステ(つけ毛)

 

困っている人
どれも聞いたことないわ!それぞれどんな違いがあるの?

 

ではこれから簡単にお話しますね!
かえで

 

 

それぞれの「ウィッグ」の違いと特徴を知ろう!

髪を梳く女性

 

 

🌸自分の用途に合った、そして時期にあったウィッグを探す際に、是非ご参考ください!🌸

 

 

フルウィッグ

 

帽子のように頭部全体に被るウィッグです。
なので、一気にイメージチェンジをすることが出来ます。

 

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 

 

 

 

フルウィッグはこういった方にオススメです。

 

こんな人にオススメ!


・髪型を変えたいけどなかなか自髪カットは勇気が出ない!
・洋服に合わせて髪型も変えたい!
・髪を染めると自髪が傷むから、美容院に行く頻度を減らしたい!

 

困っている人
分かるわ~!ずっとショートにしたいけど実際切ってみて似合ってなかったらと思うと怖くて切れないし。
困っている人
毎月染めに行くにも時間がかかるしお金もね~・・

 

ではまさにフルウィッグがピッタリですね!(笑)
かえで

 

困っている人
ほんとにそうね。(笑)
困っている人
でも自分の頭の大きさが分からないから、買った時にサイズが違うと困るわね・・。

 

店舗へ行くと試着できますので是非行ってみてください!サイズ調整できるウィッグがほとんどです。
かえで
このように、アジャスターがついていて、ご自身も簡単にサイズの調整が出来るようになっているのもあります。
かえで

 

 

アジャスター位置出典:http://www.aderans-shop.jp/

 

 

困っている人
あら!とっても便利ね!それに簡単そう!

 

店舗で購入するとサイズ調整のやり方は特殊で、研修受講済の店員さんがやってくれますが、ネットでの購入だとある程度調整は可能なので安心ですね!
かえで

 

 

 

 

とはいえ、メリットデメリットがありますので見てみましょう。

 

メリット!


・染める回数を減らせて自髪や頭皮の傷みを軽減することが出来る
・簡単にイメージチェンジが叶う
・その日の気分で髪型が変えられる

 

デメリット!


・髪型が変わった自分に見慣れるまで時間が掛かる
・初めは人目が気になる
・カールが取れてきたらセットが必要になる
・夏場になると少し暑い

 

 

 

困っている人
あらー やっぱり夏場に着けると暑いのね。

 

少し暑いです。ただ、帽子と比べると通気性は良いので夏場も毎日着けていました。そして段々慣れてくるのであまり気にならなくなりましたよ!
かえで

 

困っている人
まぁ、それに夏場はたとえ何もしなくても暑いものね。

 

おっしゃる通りです。(笑)
かえで

 

 

 

イメージチェンジできるが出来る分、見慣れるにも着け慣れるにも半日はかかるでしょう。

 

でも、慣れてしまえば好きになるのも早く、毎日でも着けたくなります。

 

これがまさにウィッグの美力
かえで

 

 

【自宅で出来る!】ウィッグ無料試着体験についてはコチラから!

 

八分ウィッグ

8分ウィッグVM33

出典:http://www.aderans-shop.jp/

 

 

続いては八分ウィッグのご紹介です。

名前の通り、頭部を全面積を覆うフルウィッグに比べて少し面積が小さめのウィッグです。

襟足まで面積がない分、首の後ろはスッキリします。

 

 

八分ウィッグはこういった方におススメです。

 

こんな人にオススメ!

・髪型を変えたいけどなかなか自髪カットは勇気が出ない!
・洋服に合わせて髪型も変えたい!
・髪を染めると自髪が傷むから、美容院に行く頻度を減らしたい!
・襟足部分をすっきりさせたい人
・頭の小さい人
・フルウィッグだと締め付け感がある

 

 

困っている人
せっかくショートヘアにするなら、襟足もすっきりさせたいわ!

 

夏場になると特に襟足を短めに切りたくなりそうですね!
かえで

 

困っている人
面積が小さめなら、夏場つけるとフルウィッグより涼しいの?

 

首元まで面積がない分、少し軽く涼しく感じると思いますよ!
かえで

 

 

それではメリットとデメリットを見てみましょう!

 

 

メリット!


・襟足部分まで面積がない分、首元スッキリ
・フルウィッグに比べて少し軽め
・染める回数を減らせて自髪や頭皮の傷みを軽減することが出来る
・簡単にイメージチェンジが叶う
・その日の気分で髪型が変えられる

 

デメリット!


・頭が大きすぎると最後まで入りきらない。(ストッパーを増やす必要がある)
・自分に見慣れるまで時間が掛かる
・初めは人目が気になる
・つけないことと比べると夏場は少し暑い
・カールが取れてきたらセットが必要になる

 

 

八分ウィッグはフルウィッグと比べて襟足部分までの面積が小さめなので、夏場は首元スッキリします。

フルウィッグを着け慣れている方は特に八分ウィッグとの違いが実感できます。

 

頭のサイズ感によって八分ウィッグをオススメする場合もありますが、不安な方に向けてはストッパーを増やしたりなどして固定できるようにすることも可能です。

 

 

自然な髪型も大事ですが、着け心地も大事ですよね!そういう面でも自分に合ったウィッグをしましょう!
かえで

 

 

六分ウィッグ(ハーフウィッグ)

 

六分ウィッグ(別名:ハーフウィッグ)は、フルウィッグの半分の面積です。

帽子のように被るのではなく、大体5~6個のストッパーで自髪に固定します。

ご自髪も出ているので、一層自然さが増します。

 

 

 

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 

 

 

六分ウィッグは、こういった方におススメです。

こんな人にオススメ!


・染める回数を減らせて自髪や頭皮の傷みを軽減することが出来る
・イメージチェンジをしたくない
・自髪を出したい
・髪を染めると自髪が傷むから、美容院に行く頻度を減らしたい!
・自然にボリュームがほしい

 

 

 

こちらを見てください!実はこの髪型、半分はウィッグなんです。
かえで

 

 

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 



困っている人
え?!半分だけのウィッグ?!どこからどこまでがウィッグか全然分からないわ!

困っている人
自分の髪も出ているとなると特に自然ね!

 

 

フルウィッグも自然ですが見慣れるまで少しかかるところ、六分ウィッグですと大きくイメージが変わらないので、イメージチェンジをされたくないのでしたらオススメです!

 

 

こんな風に全体を覆うわけではないので、個人差はありますがフルウィッグを着けてる時の締め付け感も感じることなく着けていただけます!
かえで

 

 

 

 

 

ナチュラルヘアーもございますよ。
かえで

 

 

 

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 


 

 


困っている人
自然にボリュームを出せるのは魅力的だわ~!

 

 

そして、メリットとデメリットがコチラ!

 

メリット!


・髪を染めたりセットをする手間がはぶける
・大きな変化なく、ボリュームをつけることが出来る
・締め付け感がない
・自髪が出ているので見慣れるのも早い
・面積が半分あるので、サイドにもボリュームが出せる

 

デメリット!


・ストッパーの数が多い
・自分で着けるための練習が必要
・イメージチェンジ向きではない
・自髪に合った色でないと不自然

 

 

困っている人
ちょっと待って!着ける練習が必要なの?!

 

ストッパーが多いので髪に挟み込む、というちょっとした練習が必要です。
かえで

 

困っている人
風で飛んでっちゃうとか・・・

 

ストッパーがいくつかあり、しっかり留めていると強風でも問題ありませんのでご安心を!
かえで

 

 

 

 

困っている人
これだけストッパーがあると確かに安心ね!

 

はい!こんな風に、ご自髪の上からストッパーで留めて固定すれば大丈夫です。
かえで

 

 

 

困っている人
慣れれば問題ない!そうよね!

 

はい!慣れれば本当10秒以内には着け終えているので、とっても簡単ですよ!
かえで

 

困っている人
えー!すごいわ!

 

 

部分ウィッグ(トップピース)

 

部分ウィッグ(トップピース)のご紹介です。

気になる所をカバーするためにに着けるので、面積の大きさと形は色々あります。

髪のトップにボリュームをつけたい時や、白髪染めの回数を減らしたい時にオススメです。

 

 

 

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 


 

こういう人にオススメ!


・髪のトップにボリュームが欲しい
・分け目にある白髪を隠したい
・イメージチェンジをしたくない
・夏場でも毎日着けたい
・染める回数を減らしたい

 

困っている人
あ!部分ウィッグ(トップピース)ってこれのことね!テレビで観たことあるわ!
困っている人
手のひらサイズで、軽くって、着けたら手ぐしで良い感じになるっていうあれね!

 

はい!その通りです!気になる部分に合わせてサイズも変わりますが、一番小さいとこのような分け目に沿って着けるタイプです。
かえで

 

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 



困っている人
そうそう、こういうの!初めて見た時はこんな小さいなんて、びっくりしたわ~!

 

部分ウィッグ(トップピース)はお客様みなさんのご要望から生まれた、最小ウィッグですよ!
かえで
夏場でもフルウィッグや六分ウィッグと比べると、断然部分ウィッグ(トップピース)の方が暑くないです!
かえで

 

 

困っている人
いいわねー!でもこれにもデメリットってあるんでしょ?何かしら。

 

 

それではメリットとデメリットをお教えします!

 

メリット!


・気になる部分だけをカバーできる
・自髪が出ているので自然さが一層UP
・夏場でも暑さが気にならない
・初めてのウィッグデビューでも抵抗がない

 

デメリット!


・トップ部分のみなのでサイドにはボリュームは出ない
・自髪と合う色でないと不自然
・自然の状態に近いので、フルウィッグの様に大きな変化はできない

 

 

 

困っている人
小さいサイズとなると、そこまでボリュームは出せないのね。

 

そうですね。トップにボリュームを出したいとなると大きめの部分ウィッグ(トップピース)をおススメしています。小さすぎるとボリューム出した時に尖って見えるので。
かえで

 

VE121トップピース

出典:http://www.aderans-shop.jp/

 

 

困っている人
そうなのね~!部分ウィッグ(トップピース)も六分と同じようにストッパーで着ければいいのよね?

 

はい!サイズが小さい物ですと基本は分け目に沿って、このように着けます!
かえで

 

 

 

私は髪を染めていたので、フルウィッグを使わない時は根元から出てくるくらい髪を隠したくて、部分ウィッグ(トップピース)を着けていました。

当時、髪は長かったですが部分的に使えるので、自分の髪と一緒にくくることも問題ありません!

 

困っている人
これは良いわね~!まずは部分ウィッグ(トップピース)から使ってみようかしら!
困っている人
でもちょっと気になったんだけど、エスカレーターとかで上から見られた時に着けてることバレるんじゃないかしら・・・?

 

そう心配される方には、こういったスキン付きタイプがオススメです!
かえで

 

 

 

困っている人
凄い!とっても自然ね!

 

まるで本物の地肌かの様に見えるスキンは、どこから見られても安心です。

もちろん、スキン無しがお好きな方もおられます。

 

ここでスキンありスキン無しの特徴をご紹介。

 

 

スキンつき

裏にはこのように、スキンが付いています。

上から見られてもとても自然です。

 

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 



スキンなし

裏は黒地になっています。

上から見ても根元は黒いので見えません。

 

 

▼▼ 気になるこの商品はコチラ! ▼▼

 


 

困っている人
スキンがあっても無くても、こう見るとどちらも良さそうね!

 

ご自分のご希望に合ったスタイルやタイプがあるので、是非色々試してみてくださいね!
かえで

 

 

※ネット商品でも店舗が出ているブランドでしたらネットでご購入後、何かあった場合は持って行っても対応してもらえると思います。

 

【自宅で出来る!】ウィッグ無料試着体験についてはコチラから!

 

ウィッグはシーンに合わせても楽しむことが出来る!

ヘアスタイルを気にする女性(笑顔)

 

いかがでしたか?

 

『ウィッグ』は色んなタイプがあるので、シーンに合わせて使い分けることが出来ます。

 

は“フルウィッグ”で華やかに。

は“六分ウィッグ”や“部分ウィッグ(トップピース)”で涼し気に。

は“八分ウィッグ”で軽やかに。

は“どれにしようか”心弾ませて。

 

 

いつでもどこでも『ウィッグ』は、となりあなたらしさを魅せてくれます。

 

これを機に、是非素敵なウィッグライフを!

 

 

かえで。

-ウィッグの種類

© 2021 WIGの教科書 ~自然は美しい~ Powered by AFFINGER5